転職が不利になる年齢はある?

転職年齢限界説から今注目の転職業界まで

転職年齢限界説とは

かつては「年齢」が転職に有利不利を左右する時代がありました。 しかし、終身雇用崩壊、人口構成の変化、そういった時代の流れの中で、転職を成功させるために必要なことも変化してきました。 今は「スキル」重視の時代です。 どんなスキルを身につけると良いのでしょうか。また、企業はどんな人材を求めているのでしょうか。

転職を失敗する人の特徴

転職は、生活や人生までも変えてしまうとても大きなイベントです。 そして、とても大きなエネルギーを費やすものです。 間違いなく自分の人生にとってプラスになるような転職活動ができるよう、失敗しない転職活動のために落し穴をあらかじめ知っておきましょう。

企業が求めている人材とは

「転職年齢限界説」とは、「転職するなら○歳まで」という考え方です。
多くの人は「転職するなら35歳まで」という言葉を聞いたことがあると思います。
実は35歳以外にも説はあります。それぞれの年齢と根拠、実際の現状を考えてみましょう。

「28歳」
理由:30歳以降の就職は即戦力が求められるため、未経験で転職するため28歳を一つのリミットと考える。
現状:30代で即戦力として就職するためには、20代のうちに経験や実績が必要で、そのための数年間を逆算したため。

「30歳」
理由:主に事務職における女性の雇用に該当。女性が結婚や出産をすることですぐ辞めてしまう可能性を懸念するため。
現状:事務職には女性が多いことと、この触手そのものが長年の経験を必要としないため人件費を抑える手段として若い人の採用に積極的な企業が多いことから、女性の求人が減るように見えるため。総合職や専門職では男性女性はあまり関係ないのが現状。

「32歳」
理由:転職先の上司が年上であるギリギリの年齢のため。上司にとって年上の部下は使いづらいため。
現状:最近は終身雇用の崩壊の影響もあり、年功序列の意識があまりないため、上司との年齢のバランスを気にしない企業が増加している。また、上司と部下の関係も「上下」ではなく「役割」「スキル」の違いとして捉える企業も増加している。

「35歳」
理由:新しいことへの適応力が衰え、キャリアアップが難しくなるため。
現状:実際には転職成功者の内35歳以上は3割弱であり、とても多い。異業種への転職は難しい面があるものの、同業種であれば企業も積極的というのが現状である。

こうやってみてくると、それなりに根拠はあるものの、少し前の時代に言われていたことがそのまま説になっていて、今の時代にはそぐわない説と言えそうです。

少し先を見るために

将来の転職を想定して、今後必要とされる市場をおさえておくのはとても大切なことです。世の中も人の生活もめまぐるしく移り変っています。AIの台頭により、今後なくなる仕事の予想までたっています。先を見越して準備期間をおき、転職活動を有利に進めましょう。