転職年齢限界説から今注目の転職業界まで

>

転職年齢限界説とは

2種類の必須スキル

大企業でさえ何が起きるか分からない昨今では、自分自身で求められるスキルを高めていく努力が求められる時代になってきました。
今求められている2つのスキルを考えてみましょう。

・専門スキル
業界の知識や専門技術など、その業界で求められるスキル。同業種へ転職しそこで年収をアップさせるために必須といえます。このスキルが企業の求めるものであれば採用までスムーズにいくでしょう。

・ポータブルスキル
「持ち運びができるスキル」のことで、その人に備わる能力で、業種や職種のいかんを問わず活用出来るスキル。専門技術や知識に加え、仕事のやり方、人との関わり方の3つで構成されるスキル。自己分析に活用することで、自分の「強み」を把握することもできる。

企業が求めるスキル

実際に異業種からの転職を受け入れた企業は、転職者に何を期待しているのでしょうか。

1位「これまでの職種での専門的な知識・スキル」64%
2位「これまでの業種で得たスキル・ノウハウの汎用と展開」39%
2位「能動的な行動力」39%
4位「アイディアを創り出す力」34%
5位「マネジメント力」30%
6位「先入観のない柔軟な視点や考え方」29%
7位「これまでの業種での専門的な知識・スキル」23%
8位「分け隔てのないコミュニケーション力」14%
9位「新しい仕事への適応力」11%
10位「新しいことへの学ぶ意欲や向上心」9%

専門スキルのみならず、新しい職場で活用できるポータブルスキルが求められていることがわかります。