転職年齢限界説から今注目の転職業界まで

>

転職を失敗する人の特徴

転職しない方がいい人の特徴

・今すぐに役職や報酬に一定以上を期待する人
生活が掛かっているため経済面の安定が最優先は理解できますが、雇用側の視点に立てば、採用した人が本当に活躍してくれるかは不確定です。
半年や一年というスパンでまずは考え、そこで成果を出すことで受けられる待遇を確認し、双方にとっての「テスト走行期間」を踏まえた人生設計が不可欠です。

・転職先の業界・職種・地域が狭い人
業界や職種の選択肢が「限定型」または「食わず嫌い型」、生活拠点や通勤エリアにこだわる「テリトリー型」の人がいます。
仕事を変えるというのは大きなストレスがかかります。
ただ、このような傾向のある人が、チャンスを逃してしまうのもよくあることです。自分の気付かなかった強みを発揮したり経験の汎用チャンスを得ること、選択肢の拡大などは、こういったこだわりを捨てることで大きく開かれる分野です。

避けるべき転職の理由

人によって転職の動機は様々です。
初めて仕事に就いてから今までの経緯に、納得できることばかりではないでしょう。
場合によっては、今の時代、また企業の政策、上司の失敗や怠慢の犠牲になって、転職せざるを得ない状況に追い込まれることもありえます。
そんな時、どうしても避けるべき転職の動機があります。
それは、「うらみ」主導型の転職です。
自分の人生プランが、自分とは無関係のところで邪魔されたように感じたり、しかもそれが経営陣の怠慢や傲慢さからくるものに思える場合は、切り替えるのも難しいものです。
うらみが募ると、仕返しをしたくなります。
しかし、転職活動は「あなた」が活き活きと働ける新しい場所を探すためのものです。そこにフォーカスしましょう。そうすれば、転職先の状況やそこで働いた場合の数年後のイメージをしっかり描くことができます。
是非、自分自身を大切にしてくれ、最善の転職ができるようにしましょう。